酵素ドリンク

酵素ドリンクで置き換えダイエット

酵素ドリンク>酵素ドリンクと健康生活1  基礎代謝アップ

基礎代謝とは、日常生活の中で何もしなくても、自然に体内のエネルギーを消費してくれることを言います。この基礎代謝が高ければ高いほど、より健康な生活を送ることができます。 そして、基礎代謝と酵素も、密接な関係にあるのです。では、基礎代謝をアップさせるには、どのようなことを心がけていけば良いのでしょうか。詳しく見てみましょう。


まず、基礎代謝をアップさせたいなら、体内で生成する代謝酵素を十分に持っている必要があります。 代謝酵素は、体内のエネルギーの代謝を助けてくれる働きがあるため、それによって、基礎代謝をアップさせてくれるのです。 そして、代謝酵素は、私達が真に健康な生活をするに当たって、様々な生命活動に貢献してくれる存在でもあります。 代謝酵素は、免疫のシステムや自然治癒力に深く関わっていることは言うまでもありませんが、それ以外にも、体内に摂取した栄養を血や骨や肉に変え、身体に存在する色々な器官を正常な状態で機能させたり、古い細胞を新しい細胞にしたりと、とにかく代謝酵素なしには生きていけないと言っても過言ではないのです。


しかし、残念なことに、体内で生産される酵素は、代謝酵素よりも消化酵素の方が圧倒的に多いので、どうしてもエネルギーの消化優先になってしまいがちです。 特に消化酵素が大量に必要になると、代謝酵素の生産が全くもって追いつかず、その結果、基礎代謝も自然治癒力もアップできずに終わってしまうのです。
ならば、基礎代謝をアップさせるには、酵素ドリンクなどを積極的に生活に取り入れる以外考えられません。 そうすることによって、体内の消化酵素を無駄に消費することを抑えられ、代謝酵素が上手く機能するようになります。そうなれば、自然治癒力も基礎代謝もアップしますから、病気とは無縁な健康的な生活を送ることができるのです。 とにかく代謝酵素をしっかり体内で循環させることが、自然治癒力と基礎代謝をアップさせる秘訣であるのです。


では、基礎代謝アップをさせるための方法を、いくつかお話しましょう。
酵素ドリンクを飲む以外にも、方法はあります。まず、基礎代謝が低い人の傾向として、冷え症であることが挙げられます。冷え性は内臓温度が低下することによって起こるのです。 内臓温度が低くなると、それに連動して、基礎代謝も落ちてきます。その結果、冷えている人は痩せにくい体質になるのです。 内臓温度は至ってシビアで、もし内臓温度が1度下がると、基礎代謝は約12%も下がります。
例えば、1日の平均基礎代謝量が1200キロカロリーの場合、内臓温度が1度下がることで、144キロカロリーのエネルギーが消費できないことになるのです。
そう考えると、冷え性を克服することが、基礎代謝アップの鍵であると言えます。
このような人にとっては、おふろで基礎代謝アップを図るのが最も身近で簡単です。 方法ですが、37度から40度ぐらいのぬるま湯に、みぞおちの下まで浸かります。これは、肩まで浸かるよりも基礎代謝アップにつながるし、全身の血行が良くなって、自律神経を整えてくれます。
もしそれでも汗が出にくい場合は、大さじ2杯程度の塩を入れます。この状態を20分以上続行します。
時間が経つにつれ、頭の上から汗が流れ落ちてきます。
これを毎日繰り返せば、基礎代謝アップが図れるのです。

  ≪おすすめ!≫酵素ドリンク一覧表 ≫
酵素で健康アップ  酵素で免疫力アップ 
 酵素ダイエット
酵素でダイエット☆便秘解消、お肌キレイ

酵素とは何か
3種類の酵素 







Copyright (C) 酵素ドリンク 人気 All rights reserved 利用規約運営企業相互リンク募集